療の流れ
Flow of Medical care
はじめにお口のトラブルを改善する事はもちろんですが、口腔内全体の環境を良くして病気を未然に防ぐ事は難しい事ではありません。

患者様と協力し口腔内の環境を改善し、健康を守り、維持していくことを目標に診療を行っています。

口腔内の状況をよく理解していただく事が診療のスタートですので、当院ではきちんと説明する事から始めます。分からない事や、困っている事はお気軽になんでも聞いていただければ幸いです。

ただし痛みがある場合や、救急の場合は応急処置のみとなる事もあります。その場合後日予約時間を頂いてお口の中全体の説明をさせていただきます。
>一般歯科
>審美歯科
>歯周病
>予防歯科
>小児歯科
1.初診
まずはご予約ください。問診表の記入をお願いします。
2.初診カウンセリング
問診表に沿って詳しくお話を聞かせてください。
困っている事、気になる事、直接先生には言いにくい事などスタッフが伺いますのでお話しください。
3.レントゲン診査、口腔内写真診査
正確な治療には正確な診断が不可欠です。
レントゲン診査や場合によっては口腔内写真なども撮らせていただきそれを元に診断、説明していきます。
4.現状の説明
口腔内の現状について説明します。
5.応急処置
詰め物がとれた、痛みがあるなど応急処置が必要なところは歯のクリーニングに先行して処置を行います。
6.歯周治療、歯のクリーニング
口腔内の環境が変わらない限り虫歯は繰り返し発生してしまいます。
そのため虫歯の治療に入る前に歯石取りや、歯のクリーニングを行います。
ご自宅での虫歯、歯周病予防についてのお話などもさせていただいています。
7.虫歯の治療
虫歯になってしまった歯は詰め物、被せ物などをします。
詰め物にも様々な種類がありますので、詳しく説明させていただきます。
8.メインテナンス
治療で得られた健康な状態を維持するため定期的な細菌のコントロール、歯のお掃除、フッ素塗布などを行っていきます。平均(3~4ヶ月毎)